産後 おしり 小さく

産後のおしりを小さくするには?


妊娠中のデカパンをいまだに履いている…


妊娠前のズボンがいつまで経っても入らない…


おしりが大きくて恥ずかしい…



産後におしりが大きくなった…と悲しむママって

実はすごく多いのです。




わたしは整骨院で勤務していたので

産後の骨盤などの悩みを多く受けていましたが、


わたしの友人たちの中にも産後におしりが大きくなった…

と悩む人が多かったです。



その後の友人たちによると

産後のおしりを元の大きさに戻した人

産後の大きなおしりが元に戻らない人

と分かれていました。




おしりが元に戻る人と、戻らない人

何が違うのでしょうか?



産後のおしりを小さくするのは【骨盤】だけじゃない!



よく産後のおしりを元に戻すのには【骨盤矯正】が良いんでしょ?

なんて聞かれますが

一概にはそういえないところがあります。



出産の際に骨盤が広がるため

確かに産後は骨盤が開いた状態になっているため

骨盤を矯正することは良いことだと思っています。



しかし、骨盤矯正だけに頼るのはNGだと思っています!!





 

骨盤にはたくさんの筋肉がついていて

その筋肉によって骨盤は支えられているし、

骨盤もほかの骨や筋肉を支えています。



産後は運動不足で筋肉も衰えているので

せっかく骨盤矯正をしても、筋肉が骨盤を矯正した位置でキープできないため

骨盤がまた開いた状態に戻りやすいのです。



そういったことから骨盤矯正「だけ」ではおしりは小さくなるとは言えず、

骨盤矯正をしながらお尻周りの【筋肉】をストレッチしたり鍛えたりする必要があります^^




何事も他力本願ではダメだということですね!





 

また、骨盤矯正で骨盤の位置を整えると腰周りは締まってきますが、

おしり自体の大きさは目に見えて変わることってあまりありません(^^;



実は産後のおしりって、しっかり脂肪がついているんですよね(^^;




 

おしりの脂肪自体を退治する必要があるんです!

産後のおしりが気になる人は、妊娠前の体重に戻っていない人も多いですから

まずは脂肪を落としながら体重を元に戻していくことをおすすめしています^^




おしりが戻らないから骨盤矯正を受けていた友人は

「なかなか骨盤矯正だけじゃ戻らないよね…」と言っていたので

まず脂肪を落とすために体重を減らすことをおすすめすると、

ダイエット+骨盤矯正のおかげで妊娠前より魅力的なおしりを取り戻していました♪




やっぱり妊娠中に付いた脂肪を落とすことって大事だなぁ!

って思いましたよ♪




よかったら参考にしてくださいね^^